じわりじわり。。仕事のこと。

 

突然ですが、夫と私についてのお話です。

 

出会いは新宿で開催されていた国際交流のmeet-upでした。

なんか楽しそうに笑ってる人いるな〜性格良さそ〜〜と思ったのが夫の第一印象です。

 

そのまま会話が弾み、というか私は彼の話に乗るままあっという間に時間が過ぎたって感じだったのです、夫曰く”OOが僕にすごい興味持ってくれたし〜〜!とのこと。

いや、そんなつもりはなかった。笑

 

彼は旅行で日本に来ていたので、2日後にはアメリカに帰国するとのことでした。

帰り道にすぐにメールが来て、もう一度会いたい!!!とプッシュがあり、まあ暇だし、嫌な人じゃないし、行ってみるか〜というすごく上から目線な感じで空港にお見送りに行きました。笑

 

そして空港でお茶するなり彼、明らかにソワソワしている。

そしてストレートに”僕は君にとっても興味があるから遠距離でも良かったら付き合いたい。そしてもっとこれからお互いを知っていきたい!”と言ってくれました。

 

出会って2日でなんという度胸!このストレートな態度に感動してしまい、ちょっと前向きに検討します〜ということでお別れをしました。

 

というのもこの時、1年ほど前にお別れした5年弱付き合った元彼との傷が癒えておらず、もう恋愛がどうでもよくなっていた時期でした。そんな時に、こんなにピュアな人間てまだ地球にいたのね〜〜。と思わせてくれたのが彼でした。

 

それから毎日スカイプし(サンフランシスコで朝の5時とか、毎日よう起きてくれてたよな〜と本当に思います。)、数ヶ月後正式に付き合うことになり、手紙を送ってくれたり、何度も日本に来てくれたりしました。

 

その後とんとん拍子にことが進み、1年後には婚約し、その半後には入籍、またその1年後にアメリカ移住をしたわけです。

 

いや〜〜周りも私のこの2年の激動に驚いていましたけど、なんせ私がびっくり。

結婚願望もなく、子供を育てる予定もなしでしたので。。

タイミングと出会いは本当にわからないものです。

 

そんなわけで移住してきた今、いまだ無職で夫専用の専業主婦な訳です。

(アイアムア、プロフェッショナルホームメイカーフォーハズバンド〜〜)

と家では自分にタイトルをつけて盛り上がっておりますが、心はソワソワ。

暇を持て余すと気持ちがどよ〜〜〜んとしてきます。

 

やはり働きたい。。

応募するのも怖い、日本にいたときのように体調を壊すのも怖い。

でもやっぱり暇すぎてそろそろ辛い。そしてじわじわと感じる周りのプレッシャー。。

 

さて今日の本題です。(遅い!!!)

夫と私はいわゆる学歴格差婚?です。

夫は勉強が好きなタイプで、特に答えのある数学なんかが大好きなタイプ。

大学もみんなが知っているような大学を卒業し、好きなことを仕事にせっせと働いているタイプです。対象に私、幼い頃から机に座っているのが大嫌い!好きなことしかできないタイプで数学なんて30点とるのが必死でした。4年大学にも言っていないし、とにかく点数とる勉強が苦手なタイプです。

 

そんなわけで夫の親戚や同僚はみんな高学歴orキャリアしっかりな方ばかりで私が人生で出会うことはなかっただろうタイプの方が多いです。これがとてもプレッシャーに感じることがあります。

移住して3ヶ月たった今、"OOは何の仕事するの〜〜?奥さんはもう働いてるの〜〜?"など私の仕事について話題によく上がってくるようになりました。

 

ひぇ〜〜〜。。。

 

 

みなさん、私は本当にしょうもない人間なので空気だと思ってください。。。

と切実に思うのですがそうもいかず、この無職期間ですっかりはまったお料理とお菓子作り、おもてなし精神でみんなの輪になんとか入っています。

(このチーズケーキビジネスにしてよ!!と会うたびに言ってくれる優しい親戚ばかりです。)

 

夫はそんな私を見ては、"カーネルサンダースは60歳でKFCで大成功したんだから!何歳だって人は挑戦できるよ!"と本当にキラキラした目で言います。

(んなばかなっっ!!と私は思っていますが、どうしたらこんな根拠もなく人を信じられるのか、夫は本当にすごい人だなと思います。)

 

仕事をしてもしなくても、自分自身に納得が言っていればどんな人生でもいいと思います。

それぞれの人生の形ですから。

 

 

でも私はやっぱり何か仕事をしていたいな〜〜と思う今日この頃です。

道は長いけれども、、プレッシャーは感じるけれども、、私みたいな境遇の人がどこかにいたら一緒に頑張りましょ〜〜。。

 

(てゆかあの信じられないDMVパジャマ 姉さんが仕事できるなら、私だってできるわい!!笑)

 

ではでは。

渡米3ヶ月、無職でクレジットカードを作ったお話

アメリカで生きていく上でクレジットヒストリーが大切なことは、移住するみんなが知っていることだとは思いますが、私の知る限り、移住間もない仕事なしの身分で、クレジットカードを作るのは無理だと思っていました。

 

でもいつも思っていた。

クレジットカードを無くして、どうやってクレジットヒストリーを作るんだ、、、?

 

たくさんブログを読んでみたものの、内容が複雑で覚えていなかったり。。

 

考えても仕方ないのでひとまず銀行口座開設ついでにクレジットカードにapplyして見ることにしました。

 

おなじみBank of Americaです。

 

まず口座開設。

IDが2つ必要だったので家にあるありとあらゆる使えそうな物を持って行きました。笑

VISAつきパスポート、運転仮免許、SSNカード

何で証明したかすでに忘れてしまったのですが、↑で口座開設はできました。

そして開設するにあたって、デビットカードも作りますか?クレジットカードも作りますか?と案内があったので申し込むことにしました。

 

銀行員の方からあった説明は以下

・審査に通らない可能性がある(収入が0のため)

・審査が通らなかったらSecured Credit Cardに申し込める。

・審査に通らなかったとしてもクレジットヒストリーに影響はない。

 

私でもクレジットカード作れるんか〜〜〜!!!!

 

絶対に無理だと思っていたので嬉しい&一安心。

早速申し込んでその日は帰宅しました。

 

数日後メールで審査が通らなかった通知がありました。

わかっていたものの改めて"Refuse"って文字を見るとちょっと悲しいな〜〜ヽ(;▽;)ノ笑

私は何も悪くないけど。。

 

というわけで再びBank of Americaへ。

担当者の方にパスポートを見せて、すぐに申請してもらえました。

口座がすでにあるととってもスムーズ。

Secured Credit Cardを作るにあたり、担当者から以下の説明がありました。

・Secured Credit Cardは通常のCredit Cardと機能は何も変わらないが、一定のお金をデポジットする必要がある。( 例:300ドルデポジットしたら、上限300ドルまでのクレジットカードが作れる。上限は4900ドルまで。)

・Secured Credit Cardは審査がなく申請後1週間で郵送されてくる。

・使用開始後支払いをちゃんとしていれば、デポジットのお金は数ヶ月〜半年で返金される。

 

というわけで思ったよりずっと早く、簡単にクレジットカードをつくことができました。

カードが郵送されてくるまで実感がありませんが。。

 

人によって体験が違ったり、時代が違ったりもするから、ブログは参考程度で直接聞いてしまうのが良かったりするな〜〜と思った一件でした。

 

ではでは:)

 

 

 

納得がいかないDMVの続き、、、仮免GET!!

朝の騒動後、帰宅し改めて必要書類をDMVのHPで確認。

 

f:id:wondergirl2018:20210212074701p:plain

f:id:wondergirl2018:20210212074705p:plain

f:id:wondergirl2018:20210212074838p:plain


この一番上のIDの選択肢に

"Unexpired foreign passport stamped “Processed for I-551”

ってありますよね。

これこれ!!!私これこれ!!!

 

パスポートに貼り付けられてるVISAにちゃんと書いてあるし、グリーンカードの番号も書いてあるやないの!

 

一応I-797とは何か調べた結果がこちら

f:id:wondergirl2018:20210212075534p:plain

 

私は持ってるのはI-797C (NOA1かな、、?)なので、これでグリーンカード申請中の証明にはならないはず。だからやっぱり担当者の人と話が合ってない!

 

どうみても私が合ってる。

 

いてもたってもいられず再度夫に運転してもらい、わざわざフリーウェイを使ってまたDMVへ、、、。

私が色々リサーチしてる横で、何と夫が移民ビザでお世話になっている弁護士さんにメールをしてくれていたようで、すぐに返信が届きました。

 

『OOの場合CR1ビザだから、I-797承認フォームは発行されないよ。アメリカ国内で面接を受けて、グリーンカードを申請してる人の場合は別だけど、DMVが残念ながら把握してないようだね。OOの場合はVISAに記載されてるI-551と入国スタンプが証明になるから、DMVへその旨を伝えてみて。』

 

とのこと。

こうやって説明して頂けてより納得できたし、安心。

 

さあ二回戦!!行きましょう!!

幸いにも混んでいなくてすんなり受付はできました。

 

 

しかし幸か不幸か番号札で呼ばれたブースが今朝の担当者。

そうです。水色パジャマ のあのお姉さんです(T . T)

 

しかし今度ばかりは自信満々の私、堂々とカウンターへ。笑

 

私『Hi, again :)』

 

担当『・・・』

 

無視かい!!

 

私『確認したんですけど、私のケースの場合I-797は受け取らないので、VISAに、、、』

 

担当『だからI-797がないなら無理。受け付けません。』

 

ヽ(;▽;)ノ

 

・・・いや待って最後までとりあえず聞いてくれ〜〜〜!!!!!!!

 

私『いやあの、、みてください。このVISAにTemporary I-551 evidencing permanent residenceってある通りこれがグリーンカードのかわりで、IDにもなるってDMVのオンラインで確認しました。』

 

担当『マネージャーに見せて、NOと言ってるのでダメ。あなたはグリーンカードが手元に届くまで申請できません。』

 

私『いやでも、、、』

 

担当『はぁ。もうマネージャーと話します?』

 

私『お願いします!!!!!!!怒』

 

もうこのお姉さんの態度がほんっっっとに信じられなすぎて、私は心臓バクバクだし、マネージャー呼んでくれと勢いで言ってしまったものの、またどうやって説明しようと思って頭はパニック。。。コロナの関係で入館は私しかできなかったのですが、もうこれではラチがあかないので夫に緊急LINEしました。来てくれ・・・私じゃあかん。。。

 

ちょうど夫が来てくれたところに、マネージャーの代わりと思われる年配女性登場。

 

夫『Hi :) えっとグリーンカード申請中で、VISAにも書いてありますが〜〜』

 

説明する間もなくパスポート見るなり、

 

上司『あら、ちゃんとI-551って書いてあるじゃない。これで申請できるわよ。』

 

パジャマ 『でもマネージャーがダメって。』

 

上司『いや、それ彼が間違えてるわよ。パスポートを開けて、ここね?この番号見える?これを入力して手続きるから。』

 

パジャマ 『💢』

 

いや、なぜ。

なぜあなたがそんなふてくされてるの!!!

確かにミスしたのは気分良くないし、目の前で上司にレクチャーされたら気分よくないのは分かる。でも大人だよね?仕事だよね?ありえないんですけどその態度!!!!

 

そして怒りたいのはこちらなんですけど!!!!!

 

そのあともずっとふてくされてて、上司のことも私たちのことも無視。

パスポート投げるし、本当に信じられない。。。

 

 

もう早く時よ過ぎてくれ。。。

 

とだけ祈って適当な視力検査を済ませ、クレカで支払いをし、(にしても37ドルで筆記テスト受けれるって激安だなあ、、)、写真撮影&テストをしました。

 

この写真撮影担当のおじさんがすっっっごく優しくて、

テスト受ける前も、『大丈夫!がんばってね!』って言ってくれて、

テスト終わった後も、『イェ〜〜イ!!おめでとう!!がんばったね!!』って言ってくれて、fist bump?してくれた〜〜(´;Д;`)

 

というわけで筆記試験無事に受かりました。

 

あ〜〜長い1日だったけど、優しい人もたくさんいたし、感謝。

私もお疲れ様。笑

 

 

DMVに筆記試験を受けに行ってきたが、、、

 

結果からいうと、書類不備で受付してもらえませんでした。

 

 

朝6時に起きて、バッチリメイクをして、髪の毛を整えて、いざDMVへ出陣!!!

 

8時オープンの10分前に到着するもすでに行列、、。

待つこと30分、外の受付で書類を見せて、

OK!全部揃ってるから、中へどうぞ!』と言ってもらう。

 

そのままパソコンでRegisterをして、番号札をもらい、待ちます。

カウンターに呼ばれ、先ほどOKをもらった書類を再度提出。

そこで担当のお姉さん(上下水色のスウェットパジャマ という衝撃)

 

担当『I-94ありますか?』

 

私『ないです。グリーンカード待ってるので、I-94はありません。』

 

担当『グリーンカード申請してる証拠がわかる書類ありますか?』

 

私『(予想外の展開にあたふた)入国後受け取ったものはSSNだけです。』

 

担当『これでは受け付けられません。何かグリーンカードの番号がわかる書類ありますか?』

 

私『・・・ないです。(グリーンカード受け取ってないのに番号ってどうやってわかるんや、、、?)』

 

担当『I-797フォームはありますか?』

 

私『確認するのでちょっと時間ください。』

I-797ってみたことあるような、、、でもあれってI-130申請してた時の書類だったような、、、Google先生に聞きつつ夫にLINE。ネット情報だとI-797はNOA2らしい。。

夫!!NOA2をPDFで送ってくれ!!!というわけですぐに送ってもらって担当者に携帯渡す。

 

担当『これは何ですか?』

 

私『I-797のはずなんですが、、書類はそれしかないです。』

 

担当『これでは受け付けられません。I-797かグリーンカードが手元に届くまで申請はできません。』

 

私『(そんなばかな、、、、、、、、、、、、、、、、泣怒)グリーンカード届くまで何ヶ月かかるかわからないし、SSNとパスポート&VISAと住所がわかる書類だけで免許取れると思ってたんですけど、違うんですか、、?』

 

グリーンカードなしで運転免許取ってる方がブログで沢山いたので、納得できず困らせるのはわかってましたが、こんな聞き方になりました。。大人気ないけど、、。

 

 

担当『他のDMVがどうやって受け付けてるかは知りませんが、私はルールにそってやってるのでダメです。』

 

私『分かりました。I-797を印刷して持ってくれば受け付けてもらえるんですよね?』

 

担当『はい。』

 

私『分かりました、、、ありがとうございました、、泣』

 

 

早起きしたのに。。。メイクうまく行ったのに。。。

 

バッキャロ〜〜〜〜〜(´;Д;`)

 

車で待っていてくれた夫、

『1回ですむわけないよな〜DMVだもの。。』

 

 

VISAの種類とか、書類の名前とか、プロセスとか、

全部把握してない自分が一番悪いんだけど、、もう最悪(´;Д;`)

 

でも、、、

ちゃんとDMVのHPもみて、何が必要かみて、準備万端だと思ったのに。。

 

 

日本にいた時は、何でも把握してる、支払い期限とか絶対守るタイプの人間だったのに、アメリカのビザ申請あたりから夫に頼ることが増えて、自分で100%理解してないのにどんどん物事が進んでいくようになって、まあいっか〜って過ごすことが増えた。

この状態は自分の中では本当はちょっといやだ。

私は周りがだらけていてくれたほうが、私がちゃんとしてみんなを守るんだ!!って気持ち。笑 が多分わくんだな。。

 

もっとちゃんとしたいな。。

 

 

I-94のその後

 

前回の記事の続きです。

 

月曜日が来て、CBPサンフランシスコ(415-844-5227)に電話をしたお話です。

 

まさかの3コールで出てくれたので、概要を説明。

 

オフィサー『メールは送ってますか?』

 

私『送ってないです。』

 

オフィサー『メールでしか受け付けないので、メールしてください。アドレスは、~~~~~~~~です。』

 

私『ちょ、、!!!もう一度お願いします!!!!(S as in ~~とか丁寧にやってくれるタイプじゃなかった泣)

 

オフィサー『sigh...(電話越しにも伝わってくるannoyedって態度ヽ(;▽;)ノ)。パスポート、VISAと、その他何のステータス?でいるか書類つけて送って』

 

私『CR1で入国してるんですけど、どの書類ですか?』

 

オフィサー『じゃあI-94はない。』

 

私『運転免許とるのにI-94が必要みたいなんですけど、CR1で入国してグリーンカード待ってるので、どうやって証明すればいいですか?』

 

オフィサー『VISAに番号ついてるから、カード届くまではそれが証明になる』

 

私『分かりました。ありがとうございまし、、、ガチャ!』

 

 

切られた〜〜〜ヽ(;▽;)ノ

 

メンタル鍛えられるな〜〜笑

まあCR1の場合、I-94はないってことは勉強になったのでいいとします。

 

というわけでDMVへはパスポートとSSNと公共料金などの居住住所がわかる書類2通持って行ってくることにします。

(このあとも一筋縄では行かないことをこの時は何も知らない、、、)

 

 

 

 

I-94が更新されない、、免許が取れない!

 

私は日本でも運転免許を取得したことがなく、アメリカで初の運転になります。ドキドキ。。。

 

筆記試験の勉強をしなければ、、と思いつつあっという間に2ヶ月が経ってしまったというわけです😂

 

自分のお尻に火をつけるべくDMVで筆記の予約を取ってしまおうじゃないか!と思い立ち、必要書類を確認している中で、"I-94"が必要と分かりました。

 

I-94のヒストリーを見ると、最新の入国が前回アメリカに来たときのものになっていました。有効期限も前回の滞在の分なのでもちろん切れています。(これって地味にまずいですよね?)

 

これでは申請ができません。

 

仕方ないので修正をお願いすべく、U.S. Customs and Border Protectionへ電話です。

1-877-277-5511(最初に1をつけないと繋がらないのは知らなかったです)

 

ガイダンスにそってダイアルし、1-94の問い合わせのオペレーターに繋いでいますという音声でで待つこと3分、思ったより早くつながりました。

 

私『あの、I-94の情報をwebでみていて、情報に修正が必要なのですが、こちらで直せますか?』

 

担当者『管轄が別なので、そちらの電話教えますね。住まいはどちらですか?』

 

私『・・・カリフォルニアです』(住まいってどこまで詳しく言えばいいかわからず、、)

 

担当者『えっと、カリフォルニアのどこ?』

 

私『OOです。』(絶対わからないだろうと思ったけど、私もどう答えて良いかわからず)

 

担当『南?東?』

 

私『・・・サンフランシスコの近くです』(ごめんなさい、地理ダメです、、、)

 

担当者『415-844-5227、月-木しか空いてないから、月曜にかけ直さないとダメだよ。』

 

私『415-844-5227ですね!ありがとうございますぅううう!!!!』

 

担当者『どういたしまして。では良い1日を:)』

 

今日は金曜日なので残念ながら来週まで持ち越しですが、電話がこんなに早く繋がるなんてびっくり!そして担当者の人も良心的でありがたかった!

 

来週また電話修行頑張ります。(実は一昨日もドクターと30分電話して、頭が爆発しそうになったところです。)

 

TGIF!良い1日を:)

 

U.S. Customs and Border ProtectionU.S. Customs and Ber Protection

アメリカに移住し2ヶ月が経ちました。

 

日本を離れてあっという間に2ヶ月が経ちました。

 

不思議とこちらにはもう1年以上いるような感覚です。

 

さあこの2ヶ月何をしていたのか、せっかくなので振り返ってみようかな。

 

1週目〜

隔離生活開始と共に時差ぼけに苦しむ。。毎日朝の5時とかに寝ていました。

夫がすでに入居手続きを済ませてくれていたアパートに引越しましたが、家にあるのはマットレスのみ。ソファもない中で生活が始まりました。笑

そんなこんなですが到着翌日が結婚1年記念日ということで、一緒にお祝いできてとってもうれしかったです。

 

2週目〜

オンラインショッピング&カーブサイドピックアップにハマる。隔離生活も後半、買い物はもっぱらオンラインと緊急性の高いものはカーブサイドピックアップです。

使い慣れない家電での家事に日々奮闘、イライライライラすることも、、、

やることがあまりなくて、気持ちばかり焦ってしまうのもあり、ESLに申し込みをしました。

 

3週目〜

ついに隔離生活終了!自由の身〜!!!、、、と思いきやまさかの当日からロックダウンに入りました、、ヽ(;▽;)ノこれには夫の親戚も、運が悪すぎる〜〜と笑ってました。

とはいえ今回のロックダウンは完全に全てが閉まってしまう訳ではないし、規制しながら生活するだけなので、レストランで食事ができない&ジムに行けないことくらいで、そこまで厳しくは無いです。

クリスマスカードを日本に送る為にUSPSに通ったり、Safewayに食料品を買いに行ったりと、少しずつ1人でお出かけするようになりました。

そうそう私は免許が無いので、全て徒歩です✌︎('ω'✌︎ )

 

4週目〜

夫は親戚がとても多いです、信じられないくらい多いんです。12月半ば、クリスマスツリーの下に子供たちのプレゼントがどんどん溜まってきました。

 

5週目〜

夫の仕事もホリデーモード。年を越すまではのんびりスケジュールで、割と融通がきいたので生活に必要な物もだいぶ揃いました。潔癖症では無いですが、物が整頓されているのが好きなので、ようやく家が家らしくなってきて嬉しかったです。

 

6週目〜

地球上の人々は一生忘れることが無いでしょう2020年にお別れをつげ、今年は静かに2021年を迎えました。生まれて初めておでんを煮込んだり、夫にお雑煮を用意したり、できる物でなんちゃってお正月を迎えました。

 

7週目〜

ついにESLクラスが始まりました。14名ほどのオンラインクラスで、すでに3年以上続けているベテラン勢が多いクラスに仲間入りです。新しく入ったのは私と4名ほど。中南米、ヨーロッパ、アジアの割合がきれいに分かれているクラスなので、みんな物差しが違くて本当に楽しい!

 

8週目〜

ESLのクラスメイトがアルバイトの話をしていたので、どうやって応募したのか聞いてみました。元々ESLクラスを一緒に受けていた友達からの紹介らしく、アメリカはコネが大切とよく聞くけどこんなところでも〜と思いました。『私も翌々はアルバイトしたいけど、応募する勇気がないよ〜』なんて言ったら、『うちにおいで!バイトでもベネフィットつくし、何より人間関係がすごくいいから働きやすいよ。』とまさかの誘ってくれました。その場のノリ的な話かと思ったら、翌日リクルートカードを送ってくれて、本当に応募することとなりました。

 

9週目〜

ESLで一緒に授業をとっているクラスメイトが個別に連絡をくれて、まだ来たばっかりじゃ知り合いも少ないでしょう?よかったらコーヒーでも買って公園でお話しよう!と誘ってくれました。

毎日オンラインで顔を合わせているものの、実物とあうとやっぱり変な感じだね〜っとコロナになってからの定番な会話をしました。笑

彼女はスイスのイタリア語圏出身で、アメリカに来て2年になる人なのですが、話してみると共通点が多くてびっくり!私はワーホリでカナダにいた時1年間イタリア人と暮らしていたこともあり、イタリア料理に馴染みがあります。彼女の方は旦那さんがプロポーズに選んだ場所が東京だったらしく、それ以来、家で寿司を作ったり、餃子を皮から作ったりするほど日本が好きとのことでした。

ワーホリしててよかった〜〜〜ヽ(;▽;)ノ♡

と思った出来事でした。

 

 

 

 

ほぼずっと家にいるのでこの感覚になっているのか不思議ですが、2ヶ月にしてはだいぶ馴染んでいるんでは?と個人的には思っています。笑 

ほぼ毎日3食作り、週に1回お菓子作りをし、毎朝3時間ESLクラスを受け、アルバイトに応募もしました!ウェ〜イ✌︎('ω'✌︎ )わたし意外と頑張ってるじゃ〜〜〜んと書きながら調子に乗っているところです。

 

いやいやいいんですよ。これくらいで。

 

銀行口座も作ってないし、免許の勉強も初めてないし、真剣に就職活動もしていないけど。

 

自分を褒めて自分に優しく、できることをできる時にやっていくスタイルでいいのいいの:)

 

新しい生活を始めるってすごく大変だとは感じないけど、自分の生活仕様に環境が整うまで、ちょっと勝手が色々と違うじゃないですか?そこでイライラしてしまったり、その自分へのイライラで涙が出てきたり、愚痴が多くなったり。自分の暮らしやすい状態に整うまでは、少し情緒不安定になるのも仕方ないよな〜と思います。大丈夫!そのうち整うんだから:)

 

 

実はこの2ヶ月で個人的に大きな変化だったことがもう1つあります。

Twitterを卒業したことです。

CR1ビザの申請にあたりTwitterは情報源としてとても重宝し、同じ境遇のお友達もできたので、1年ちょっとと短い間でしたが、私の居場所になっていました。

だからこそ、生活がTwitterベースになってしまって、アメリカに引っ越してきてからはバランスをとるのが難しくなってしまいました。

新しい環境にきて、ワクワクすることが多いはずなのに、まずはTwitterで情報収集してしまう自分が増えました。スーパーで買い物をする時も、そのものに初めて出会うワクワクよりも、Twitterでおすすめされていたものを必死に探してしまったり。

 

私はアメリカにきて、いろんな文化を知りながら、楽しみながら生きていきたかったはずなのに、ここにいては自分のComfort Zoneにずっといることになっちゃうと感じるようになりました。

 

とにかく自分の生活にまずは集中することにしたいと決めて、Twitterは卒業しました。

いまだに何か嬉しいこととか、なんやねん!!って思うことがあると、Twitterのお友達に話したくなる瞬間があります。ちょっと寂しいけど、いつか現地でオフ会なんてできる日がきたら、その時にマシンガントークしようと密かに企んでいます(。-∀-)

 

さあ3ヶ月目もぼちぼちと生きてきましょう:)

またね〜!